脱 カテゴリー派宣言
       〜本物だけを手に入れる〜 

ワインプレスインターナショナルのこだわり
時が流れても「ほんもの」は変わらない。


ブーム
流行というのはありがたいもの、そして必ず去り行くもの。
ありふれた投売りワインの溢れ返る中
市場は徐々に平静を取り戻しつつあります。

こだわる
消費者はいま、口にしているものの安全性や
出所、氏素性に大変着目しています。
そして、選ぶこだわりを楽しもうという段階にきています。

インタビュー
ロートブッフのワインについて熱く語る
マスター・オブ・ワイン(=ワインの世界的権威)のサヴェージ氏
眼下に広がるのは、ロートブッフの畑
追求する
私どもはどの瞬間にも、さらに素晴らしいものを追及する、
そんな情熱を持った作り手のワインを探して参りました。
彼らが作った素晴らしいワインたち。
なぜそんなにも素晴らしいのか。
明かされる理由があるはずです。

報道と責任
ワインプレスの社名の由来は
ボトルを通しての作り手の思いをお客様に、
お客様の反響や喜びの声を作り手に、
「報道=プレス」していこうという
当社の意思を示したものです。
一本のぶどうの苗木から
飲み干された空のボトルになるまでの
ワインの一生を見届け、プレスしていきたいと
思っています。

J.ティヤンポン氏とワイン倉

見よ、この樽の少なさ!
「ほんとにちょっとしかできないんだよ―」
と語るCh.ル・パンのJ.ティヤンポン氏
「ふむふむ」←わが社のシニアソムリエ(感心)
理念
作り手の顔をできるだけ詳細に把握し
味わいとその心も紹介していく。
こんなごく当たり前でありながら
これまでのワイン販売について
実行されることがなかった方法を目指しています。

稀少
取り扱いアイテムの生産数はそれぞれ少なく、
対応につきましては上記のような状況をご理解いただき
皆様には商品の入荷の都度都度に
ご配送という形になります。
よろしくご了承下さい。



人もワインも大切に

明日も涙と感動のワインとの出会いがありますように

top selection